上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、サイバー適塾(関西経済同友会のリーダー養成塾)で、ダイワハウスの樋口武男会長のお話をお聞きました。樋口会長は、ご著書の「熱湯経営」(経営者が書いた本では9万部も売れています)で経営への熱い姿勢を語っておられますが、その熱量に感染する、お話でした。

その中に、「運の強い人の生き方」という言葉がでてきました。
そもそも 運が強い ってどういう意味でしょうか?
お話には出てこなかったのですが、私自身は 運が強い というのは自分の思い通りのことが起きることやツイテルことではなく、「偶然を必然に変える力」ではないかと思っています。

あのときの出会いが、あのときのひと言・情報が、また逆にピンチとしか見えなかったことが、そのときに意図していたか否かに関係なく、後で考えると 今をつくっている ということがあるのではないでしょうか。
それも何もせずに流されたのではなく、自分が動いたことで後の展開につながっている・・・偶然ではなく必然。あのきっかけがなければ今につながっていない、これが 「偶然を必然に変える力」 だと思います。
樋口会長のお話の中にも、人との出会いやピンチを必然に変えていることを強く感じましたし、私自身も常に動く現場で、偶然を必然に変えていくことがありました。

大学院で、キャリア形成論の中の 「計画的偶発性理論」(計画的にキャリアを創っていくのではなく、偶然の出会いやきっかけを主体的に自らの力に変えていく) に出会い、妙に腑に落ちました。
人生で出会った人、成功、ピンチから学び、人生を主体的に創り上げることなのかもしれません。

さて、樋口会長の ”運の強い人の4つの力” は 「先見力」「統率力」
「判断力」「人間力」でした。
加えて、「人間の資質は変わらない、やる気になるかどうか。」
「気持ち次第で人生は変わる。無駄な努力はない。」といったメッセージもありました。

道教の「運は全ての人に平等なり。運なきは運を知らざるなり。」という言葉がありますが、改めてその意味を噛み締めました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/54-f8dd075d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。