上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を駆ける風

海を駆ける風、HPにアップしました。
こうしてブログに書く前から見つけ(実は連休明けにアップしました)、感想を送って下さる方もおられ、嬉しく思っています。ありがとうございます。

受験を考えた時からまつなみ船長になるまで、大学校での生活や現場での経験やその都度感じたことが写真と共に綴られています。18歳から26歳までの航跡です。

「女性船長になるような人だから、入学前から熱い思いで入学を考えていたと思っていたがかえって安心しました。」・・・そうなんです、親孝行と小さな誤解から全ては始まったんです。
「泳げないで入学したなんてびっくり。そして、10キロ泳げるようにたったなんて二度びっくり。」・・・面接で聞かれたら「泳げません」と答えるつもりでしたが、入学の要件ではないんですね。トレーニングが待っていました。
「海上保安庁で、いろいろな人に大切に育てられたんですね。」・・・この言葉に私も感動と感謝が新たになりました。

久しぶりに目を通して懐かしく、さまざまな思いが浮かびます。
海上保安庁での経験は私の大切な宝物、そして財産です。

ご興味あれば、ご覧下さい。
 海を駆ける風
スポンサーサイト

コメント

快挙!

永田先生、こんにちは。
あの「海を駆ける風」がこのような形で読めるとは思いませんでした。
とってもうれしいです。

ところで、公共図書館としては、このPDFをプリントアウトし簡易製本した後に、図書館資料としたいなぁ...と、思っているのですがいかがでしょうか。

よろしくお願いします。

懐かしい

忘れているかもしれないけど高校時代大下クラスで同級だった田中です。海保で女性初船長という話はTV等を通じて知っていましたが、その後もご活躍のようですね。海を駆ける風を読みましたがPLHクラスの大型船にも乗っていたようですね。PLH06ちくぜんには何年か前の体験航海でちょっとだけ乗ったことありますよ。
私はと言えば博多でしがないサラリーマンやってます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/52-ef05ccf4

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。