上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
街で見かけると、必ず購入する雑誌に“ビック・イシュー(BIG ISSUE)”があります。
最新号の黄色い表紙には、ジョージクルーニーがにっこり笑っていますが、その下にはこう書いてあります。
「300円のうち、160円は販売者の収入になります。」
…ビック・イシューは、ホームレスの自立支援のための雑誌なのです。

ホームレス支援は公共の政策による解決ではないの?
景気回復による雇用創出とか、シェルター(避難所)の設置や 就労の支援など、確かに、行政もさまざまな政策を実施しています。
しかし、行政は仕事そのものを作り出し、直接お金を渡すことはできません。
ビック・イシューは"雑誌を販売するという仕事を作り出し、自立を支援”しているのです。

販売のための本誌も、会社から無料配布されるわけではありません。
自分で仕入れ、かつ販売場所と方法も工夫して売るのです。
35Pのコンパクトな中に記事は豊富、今回の特集「あなたとお金の新しい関係」も新たな発見があり、ジョージ・クルーニーの「今一番女性に魅力を感じるのは、ユーモアのセンス」というコメントにもちょっとドキッ、内容も面白い雑誌です。(ちなみに、毎号ハリウッドスターのインタビューが掲載されていますが、スターはボランティアベースで協力しているそうです。)

ビック・イシューのHPを見ると、「1日25冊~30冊販売すれば路上生活から脱出でき、最後は他の仕事への就職がゴール」とあります。
雑誌の販売という仕事が合わない人やそれぞれの事情もあるので、最後の就職までいかない人もいるようですが、そのチェレンジを応援することができます。
「ビック・イシュー(BIG ISSUE)」

公共の問題解決でもなく、寄付でもない。
ビジネス戦略と手法を通じた社会問題の解決、社会的企業(ソーシャルアントレプレナー)ですね。

ソーシャルアントレプレナー企業の商品やサービスを購入することによって、社会問題の解決に関与することができます。
企業の社会的責任(CSR)を実施している企業の株や商品を買うことによっても、社会を変えることに関与できます。

日々の私達の”買い物”が社会を変える・・・なんだか、ワクワクしませんか?
スポンサーサイト

コメント

お邪魔しました~

はじめまして。

駅前でよく、配っているあれは何?と思いつつ、そのままに。たまに、サラリーマン風の方や、OL風の方が、購入されているのを見て?と思っていました。

そうだったのですね。
そういう仕組みで販売していたのですね。
全然知らない私は、、良く駅前で、無料で配布の怪しげな勧誘?宗教系?と思っていました。

記事を拝見させて頂いて、仕組みを理解できました。
私も、今度、勇気を出して、購入してみようと思います。ありがとうございました~。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/48-d160d3d3

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。