上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、大学院の分野主催の「修了生を送る会」でした。
今年は、17名の学生さんが修了していきます。
おめでとうございます。

それぞれの学生さんが、この2年間を振り返り、今の気持ち、これからのことを語ってくれました。
それを聞きながら、何度も胸が一杯になりました。

大学院ですから、当然、知識も増えたのだと思います。
しかし、何よりも仲間と出会えたこと、共にがんばりあえたこと、
そして、これからの希望。

仕事と学業の両立、加えて家族や家庭とのバランスもありますから、社会人大学院はなかなかハード。
しかし、“大学院に来ると元気になる。”と多くの学生が口にしていました。

いろいろと書きたいことはあるのですが、上手く表現できません。
昨日の帰り道、ウルフルズの“泣けてくる”が、私の中で何度もリフレイン。

教師と学生という関係ではなく、同じ仲間として共に過せたことに心から感謝です。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/41-df2d255c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。