上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立春に思う

今日は立春、急に思い立って春日大社にお参りに行きました。
今日から新年がスタートとも言われていますので、新しい気持ちです。

1月は学生さんの修士論文の仕上げの一方、図書館調査にでかけたり、講演会・研修でお話したりと動きのある一ヶ月でした。その中で、「持続可能な社会への責任とコスト」という言葉が頭を離れず、ずっと考えていました。

例えば、価格が安い海外の木材に押されて手入れされなくなった(できなくなった)国内の山々。
例えば、非正規職員の雇用は確かにコスト削減にはなるけれど、結果的に格差社会を産む。
確かに、競争が市場の原理。しかし、競争の先に何を生み出すのだろうか。
価格中心のものさしで選択してきた今の社会の結果を、ひしひしと感じるようになった一方で、そのものさしや流れを変えるための動きやヒントも様々にあって、自分の中で消化されつつあります。

今月には、昨年から開発している女性・生活者のCSR(企業の社会的責任)指標を発表予定であり、持続可能な社会の責任とコストについて発信を始めようと思っています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/34-6bbb479c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。