上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28日で御用納め、昨日からしばしのお休みに入りました。
新年の準備にかかっていますが、風邪気味なので少しずつ進めています。

御用納めの日、荒井奈良県知事にお会いしました。
奈良県が秋から実施している市町村情報交換会のアドバイスをしていることで、知事をお訪ねすることになったのですが、荒井知事は元海上保安庁長官でもあります。
本題以外に海上保安庁の話でも盛り上がり(!)予定時間をオーバーしてしまいました。荒井知事は長官時代に、新しいことを次から次へと展開した方で、今回のお話の中でもアイディアが一杯で、奈良県の今後が楽しみになりました。

夕方から夜は、学生さんの論文指導。
修了を目指す2年生にとってはこの冬休みがヤマ場、社会人ですから集中して時間が取れる この年末年始に一気に論文を仕上げるのです。自分の時を振り返ると、大変ですが実に楽しい作業でもありました。

私は「海上保安庁のイメージ分析とイメージ戦略」というテーマで修士論文を書いた(もう15年前になります)のですが、分析手法を使うことで漠然としているデータが意味のあるかたちに変わる発見、そして、海上保安庁の幹部になったつもりで自由に戦略を立てる面白さを味わいました。

テーマを決め、分析のフレームを作り、データ集めやインタビューを実施し、答えを見つけて論証していくのは自分でやるしかありません。
考えるという作業は、瞑想の感覚にも似ているよう思います。
ぐーっと自分の内側に深く入っていき、頭で考えてはいますが、そのことしか考えてないので思考は静かでしーんとしているのです。
考えて考えても答えが見つからなくて、考えることを止め、お風呂に入っているときに、「はっ」とひらめくこともありました。

まるで、水に投げ込んだ石が静かにゆっくりと落ちていき、底についた瞬間、「あっ」と気がつくような発見があるのでとても楽しい感覚です。
私はそれを「思考の純化」と勝手に呼んでいます

創造性に関する研究には、「創造力や想像力のレベルは普段の努力に比例する」ということがあります。
天才達の研究には無意識の経験による「ひらめき」がたくさん報告されているので、ひらめきは天才のみに起こるように思いますが、実は天才ほど深く考え抜いていることも報告されています。
つまり、日常の多くの思考のトライアルや深く考えているが故に、潜在意識が何らか答えを導き出したとも言えます。また、ひらめき、発見、創造性はトレーニングできるとも。

このブログを読みに来た学生のみなさん、年明けの仕上がりを期待しています。
考えることを楽しみながら、論文と格闘して下さいね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/32-b15e1256

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。