上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はクリスマス・イブ
息が白くなる寒さもクリスマスには何だか似つかわしいですね。

今年もあと1週間となり、テレビでは今年を振り返った特集が放映されています。
先週、「女性・生活者が気になった企業ランキング」がプレスリリースされました。
このランキングは、「クチコミ・マーケティング」で有名なハー・ストーリィの日野佳恵子社長と6月から実施している「女性・生活者から見た企業の社会的責任とコミュニケーション」の調査研究のほんの一部です。

企業の社会的責任(CSR)って、耳にしたことはありませんか?
簡単に言えば、「企業が利益を生み出すプロセス全体に関する責任」 です。(簡単ではないですね

例えば、
 ・商品の安全性や品質に対する責任 (Ex.製造の原材料や表示の適正)
 ・環境負荷に関する責任 (Ex.環境負荷を少なくする取り組み)
 ・従業員の雇用環境の責任 (Ex.従業員の働きやすさ)
 ・地域や社会に対する責任 (Ex.地域貢献や社会貢献事業)   
など、
利益を生み出すプロセスで何をやったかが問われるというもの。
随分以前にはなりますが、ナイキの児童労働や日本の自動車メーカー各社の海外工場が製造過程で多量の二酸化炭素を出していることが話題になりましたが、これもCSRです。

企業の行動が社会に与える影響は大きく、行政の政策を通じて社会を変えることも大事ですが、企業の行動はより実際的でありインパクトがあります。 ですから、ここ数年、公共政策の視点も活かしてCSRを研究しています。

今回のランキングには、「安全・安心」「環境に対する高い関心」「正直・誠実さ」など、企業を見る姿勢の中に、次世代を産み育てる女性ならでは特徴がいくつも見えています。
調査結果は客観的にまとめていますが、今回の調査を通じ、私自身は女性的なエネルギーが社会を変えていくように感じました。
年明けには、「女性・生活者のCSR36指標」を発表しますので、また、ご報告します。

そろそろ食卓の準備に戻ります。
今日のメニューはお鍋(クリスマスなのに変?・・・チキンは苦手なので。)
キャンドルを灯して、クリスマスソングをかけて、あったかいお鍋です。

女性・生活者が「今年、気になった企業」ランキング
http://www.herstory.co.jp/cms/news/contents/news_release/2007_1/post_71.html

ハー・ストーリィ
http://www.herstory.co.jp/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/30-768da329

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。