上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみじと自由

今日は、文部科学省の調査で広島大学に行ってきました。
大学も競争の時代、限りある国の研究費の獲得を目指し、質の高い研究をいかにマネジメントしていくか、研究開発評価のヒアリング調査が目的です。

「“あれもこれも”から“あれかこれか”」という選択と集中。
勝ち組の大学、中央の大学に、ますます資源(人、お金、もの、知恵)が集まる傾向にありますが、その流れをなんとか変えようとする、いい研究者は地方にもいるんだという地方の中核大学の気概と、そのための努力をいろいろお聞きできました。

私は調査や講演に出かける場合、時間が許せば少し早めに入って、その組織や地域を感じる時間を持つようにしています。今日は、午後からのヒアリングでしたので、まずは学食に直行。先生方や学生さんの雰囲気を「ふむふむ」と感じながら、カキフライ定食を頂きました。(カキはもう少し寒くなってからの方が美味しいのですが、広島と言えばやはり外せません。)

組織や地域を感じる時間を持つのは、相手との話題にもなりますが、それよりも自分自身のエネルギーが馴染む気がして仕事がスムーズに進み、また、インスピレーションが生まれる場合もあります。挨拶のようなものかもしれません。今日の調査も、相手の問いかけに答える形で学食の話から始まりましたので、雰囲気が柔らかくなりアイスブレイクできたように感じました。

往復の山陽新幹線線からは、紅く色づき始めた山々が綺麗でした~。
そのもみじを見ながら、ふと「自由」について思いを馳せていました。

中学生の頃に読んだ桐島洋子さんの本に、「好きなときに、世界中の好きな場所に行けるようになりたい。」というような一文があり、「そうだよ。それには時間とお金の自由が必要。そういう大人になりたい。」と感動したのです。

「自由って、自分以外の何者にもならなくてもいいってことだよね。」
これは30代の後半、体のケアで大変にお世話になった鍼灸師の田中美津さんから聞いた言葉で、今でも時折思い出します。自分らしく生きるという意味でしょうか。

自己存在の自由、時間的な自由、経済的な自由の3つ。今の自分はどうなのかしら・・・

もみじを見ていて、もう一つ思い出したことがあります。
子供から「秋になるとどうしてもみじって赤くなるの?」と聞かれたら、親としては何と答えるのが良いかというお話。

その答えは、「いいところに気がついたね。一緒に調べようか。」だとか。これは数日前に書いたファシリテーションにも関係することで、質問も頂いたので、続きはまた。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junkonagata.blog107.fc2.com/tb.php/20-055bdcd8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。