上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月に入り仕事にプライベートに動きが激しく、夜はバタンキューの日々。なかなかブログを更新できませんでしたが、毎日を元気に楽しんでいます。
先週末は沖縄でした。沖縄は行くたびに元気になる島ですが、今回は新たな遺伝子がON、今後の人生がダイナミックに展開する確かな手ごたえを感じました。一緒に過ごした素晴らしい心友に感謝です。

滞在中、FM那覇の田村邦子さんの「マジカルミステリーツアー」に出演、海上保安庁時代の思い出などをおしゃべりしました。
海保のことを人前でお話するのは久しぶりでしたので、懐かしい気持ちになりました。状況の変化に対応しながら次々と意思決定していく、あの感覚と緊張は最近ないなあ~と思っていたら・・・一昨日の出来事。

一昨日は、山口で研修でした。朝、調べた時刻に合せて駅に行ってみると、人身事故が発生しており、電車は運行しているもののダイヤは大幅な乱れ。とりあえず、動いている電車には飛び乗りましたが、速度を落としての運転、加えて信号停止が多く思うようには進みません。
「まず~い。このままでは新幹線に間に合わない。研修に遅れてしまう。」

次の瞬間、どうすれば間に合う?他の路線は?タクシーは? と、頭がフルに回転し始めました。自宅にいる主人に連絡を入れ、途中下車してタクシーを使う選択肢を検討してもらいつつも、時計と路線図をにらめっこ。このまま行くか?乗り換えるか?途中からタクシーか?
乗り換えれば、もしかしたら間に合う可能性があるという選択肢にかけることにしました。その後は、荷物を持って駅の構内を人の波に乗って走り、勘をフルに働かせながらロスのない改札や通路を選び、新大阪に到着。新幹線のホームを駆け上がったら・・・その瞬間にドアが閉まり列車は発車しました。ああ~、あと30秒あったら間に合ったのに、悔しい~

「あと、少しだったのに・・・」と階段を降りるまでは本当に悔しかったのですが、椅子に座って呼吸を整えている数分後には「やるだけのことはやったわ。後悔はない。」と満足な気持ちが沸いてきました。
代替の交通機関の乗り継ぎが上手く行き、結果的には10分遅れで無事に研修を開始できました。やれやれ。

さて、久しぶりの“ミッション・インポッシィブル”を振り返ってみると、その満足感にはいくつかの行動があったことに気がつきました。
まずは、間に合わないと思った次の瞬間、深呼吸をして頭のスイッチを切り替えたこと。体の機能で私たちが操作できるのは呼吸のみ、と聞いたことがあります。(達人は、心拍数なども操作できるそうですが。)呼吸で気持ちが変わりました。
次に、どうすれば間に合うか、しか考えていなかったこと。
もう少し早く家を出ればよかったと後悔したり、なんで事故なんかあるのといった怒りや焦る気持ちはありませんでした。
そして、勘と感覚をフルに働かせて構内を走り抜けたこと。
最後まで間に合うことを信じて。

こんなことの繰り返しは困りますが、なんだか久しぶりに海保時代の感覚を呼び起こしてくれたミッション?でした。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。