上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28日で御用納め、昨日からしばしのお休みに入りました。
新年の準備にかかっていますが、風邪気味なので少しずつ進めています。

御用納めの日、荒井奈良県知事にお会いしました。
奈良県が秋から実施している市町村情報交換会のアドバイスをしていることで、知事をお訪ねすることになったのですが、荒井知事は元海上保安庁長官でもあります。
本題以外に海上保安庁の話でも盛り上がり(!)予定時間をオーバーしてしまいました。荒井知事は長官時代に、新しいことを次から次へと展開した方で、今回のお話の中でもアイディアが一杯で、奈良県の今後が楽しみになりました。

夕方から夜は、学生さんの論文指導。
修了を目指す2年生にとってはこの冬休みがヤマ場、社会人ですから集中して時間が取れる この年末年始に一気に論文を仕上げるのです。自分の時を振り返ると、大変ですが実に楽しい作業でもありました。

私は「海上保安庁のイメージ分析とイメージ戦略」というテーマで修士論文を書いた(もう15年前になります)のですが、分析手法を使うことで漠然としているデータが意味のあるかたちに変わる発見、そして、海上保安庁の幹部になったつもりで自由に戦略を立てる面白さを味わいました。

テーマを決め、分析のフレームを作り、データ集めやインタビューを実施し、答えを見つけて論証していくのは自分でやるしかありません。
考えるという作業は、瞑想の感覚にも似ているよう思います。
ぐーっと自分の内側に深く入っていき、頭で考えてはいますが、そのことしか考えてないので思考は静かでしーんとしているのです。
考えて考えても答えが見つからなくて、考えることを止め、お風呂に入っているときに、「はっ」とひらめくこともありました。

まるで、水に投げ込んだ石が静かにゆっくりと落ちていき、底についた瞬間、「あっ」と気がつくような発見があるのでとても楽しい感覚です。
私はそれを「思考の純化」と勝手に呼んでいます

創造性に関する研究には、「創造力や想像力のレベルは普段の努力に比例する」ということがあります。
天才達の研究には無意識の経験による「ひらめき」がたくさん報告されているので、ひらめきは天才のみに起こるように思いますが、実は天才ほど深く考え抜いていることも報告されています。
つまり、日常の多くの思考のトライアルや深く考えているが故に、潜在意識が何らか答えを導き出したとも言えます。また、ひらめき、発見、創造性はトレーニングできるとも。

このブログを読みに来た学生のみなさん、年明けの仕上がりを期待しています。
考えることを楽しみながら、論文と格闘して下さいね
スポンサーサイト
メリー・クリスマス
昨日のクリスマス・イブは満月でしたね。
満月の夜といえば塩風呂ですが、昨晩は今年の夏に訪れた“チェリスウェルの井戸の水”を入れ、ろうそくの灯でゆっくりと入浴しました。
チェリスウェルというのはイギリスのグラストンベリーにあり、「聖なる井戸」とも呼ばれています。(ジョン・レノンはこの井戸の側でイマジンの歌が湧き上がったとか。)
訪れてみると、妖精や天使が住んでいるようなそれは美しい庭園であり、元気にそしてとても平和な気持ちになる場所でした。

また、グラストンベリーは、キリストの妻だったマグダラのマリア(ダヴィンチコードでご存知の方も多いと思います)が、晩年を過した場所と言われています。

このパワー入浴のお陰か、”来年は女神パワー全開!!”で行こうと決めました。

みなさまは、どんなクリスマスでしたか?
今日はクリスマス・イブ
息が白くなる寒さもクリスマスには何だか似つかわしいですね。

今年もあと1週間となり、テレビでは今年を振り返った特集が放映されています。
先週、「女性・生活者が気になった企業ランキング」がプレスリリースされました。
このランキングは、「クチコミ・マーケティング」で有名なハー・ストーリィの日野佳恵子社長と6月から実施している「女性・生活者から見た企業の社会的責任とコミュニケーション」の調査研究のほんの一部です。

企業の社会的責任(CSR)って、耳にしたことはありませんか?
簡単に言えば、「企業が利益を生み出すプロセス全体に関する責任」 です。(簡単ではないですね

例えば、
 ・商品の安全性や品質に対する責任 (Ex.製造の原材料や表示の適正)
 ・環境負荷に関する責任 (Ex.環境負荷を少なくする取り組み)
 ・従業員の雇用環境の責任 (Ex.従業員の働きやすさ)
 ・地域や社会に対する責任 (Ex.地域貢献や社会貢献事業)   
など、
利益を生み出すプロセスで何をやったかが問われるというもの。
随分以前にはなりますが、ナイキの児童労働や日本の自動車メーカー各社の海外工場が製造過程で多量の二酸化炭素を出していることが話題になりましたが、これもCSRです。

企業の行動が社会に与える影響は大きく、行政の政策を通じて社会を変えることも大事ですが、企業の行動はより実際的でありインパクトがあります。 ですから、ここ数年、公共政策の視点も活かしてCSRを研究しています。

今回のランキングには、「安全・安心」「環境に対する高い関心」「正直・誠実さ」など、企業を見る姿勢の中に、次世代を産み育てる女性ならでは特徴がいくつも見えています。
調査結果は客観的にまとめていますが、今回の調査を通じ、私自身は女性的なエネルギーが社会を変えていくように感じました。
年明けには、「女性・生活者のCSR36指標」を発表しますので、また、ご報告します。

そろそろ食卓の準備に戻ります。
今日のメニューはお鍋(クリスマスなのに変?・・・チキンは苦手なので。)
キャンドルを灯して、クリスマスソングをかけて、あったかいお鍋です。

女性・生活者が「今年、気になった企業」ランキング
http://www.herstory.co.jp/cms/news/contents/news_release/2007_1/post_71.html

ハー・ストーリィ
http://www.herstory.co.jp/

50円の幸せ

今年も最後の月となりました。
街にはクリスマスのディスプレイが本当に美しく、見ているだけで楽しい気持ちになります。
ことし一年を振り返ると、何ともいえない幸せな気持ちが湧いてきて、思わず自分に「よく頑張ったね。」という言葉をかけています。年末に向け少し慌しさも増しますが、ラストスパート!

最近、帰宅中の電車で、夕刊を読むことを楽しんでいます。
新聞はその日の直感でどれかひとつを選んで50円を払い、電車に。
夕刊には暮らし・文化や地方の情報が満載、最寄の駅に着くまでに読み切れる量です。

先週の金曜日(朝日新聞だったかな?)は、三枝さん選のトホホの話と関西のおばちゃんの「かまへん、かまへん」の関西弁の用語解説コーナーにプッと吹き出し、また、いのちの大切さを教える取り組みに思わず涙しました。
経済情報や政治・社会といった記事も確かに大切ですが、一日の終わりには、「あははっ」や「へーっ」や「じーん」という想いと共に眠りに着きたいと思っています。帰宅して、「今日の50円の幸せはね・・・」と、だんな様にもお裾分けすることも。

記憶を頼りに~50円の幸せのお裾分け
トホホの話:めがねのフレームが壊れてしまったので、子供と一緒にメガネ屋さんに行きました。修理に数日かかるとのことで、「困ったわ~。その間メガネがないのは‥」といった私に子供が元気な声でひとこと。「お母さん、大丈夫だよ。家には水中メガネがあるよ!」

‥”なんだか、ほんわか”しました!?



 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。